【活動報告】メダルのリニューアル作業風景

たくさんのメダルが届きました!

皆様、こんにちは!ジャパンプライズの中西です。

いつも「つながるメダルプロジェクト」にご賛同いただき、誠にありがとうございます。

今月もたくさんのメダルが届き、その温かな思いに胸が熱くなります。
まだ初めて数か月のプロジェクトですが、既に650個以上のメダルが全国から寄せられました。
ご寄付いただきました皆様本当にありがとうございます。
少しずつではありますが、作業風景やお届け状況などこちらのブログで活動報告していきたいと思います。

寄せられたメダルの箱を開封しながら、よくよく考えてみると私自身はメダルを貰った記憶がありません。表彰状はあるのですが、メダルは無いですね。。。
自宅を探して見ると、息子のメダルがいくつかあったので寄付させていただきました。(もちろん了解を得て)
「これはあの時頑張ってもらったメダルだよなー。」「銅メダルだけどめちゃくちゃ嬉しかったメダルだ。」など、メダルを見ると当時の感動が蘇ってきます。そんな大事なメダルを眺めているうちに、人にあげてしまうのは勿体ない気がしてきました。自分が始めたプロジェクトなのにそのように感じるのですね。ただ、実際には数年倉庫に眠っているし、メダルを貰った事実に関しては無くなる訳ではないので、思い入れのある数個を残し、写真を撮ってから寄付をしました。
私自身それくらいメダルに対して慎重なので、大切なメダルを送ってくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。また、メダルをご寄付いただく際にお手紙も一緒に同封してくれることが多いのですが、毎回それぞれにドラマがあり、本当に感動!!泣けてきます。

そのため、お預かりしたメダルに関しては、その後も必要な方へ届いて欲しいと言う思いが強くあります。新たな持ち主のもとで輝く姿を想像しながら、1つ1つ願いを込めてリニューアル作業をしております。

メダルが届いてからリニューアルされるまで

金銀銅、たくさんのメダルをご寄付いただきました。マラソン、野球、サッカー、剣道など様々な種類のメダルが集まりました。

金メダル寄付

さて、ご寄付いただきましたメダルはそのあとどうなるかと言うと、一旦リボンを取り外し、メダルだけの状態にしてから、弊社のスタッフが1つ1つ丁寧に磨き上げます。

QRコード刻印

綺麗になったメダルの裏面にプレートを取り付けます。プレートには、レーザー彫刻機でQRコードを刻印します。QRコードは「つながるメダルプロジェクト」にリンクしていますので、貰った人も簡単にメッセージを投稿することができます。

つながるメダルプロジェクトメダル完成

最後に、新しく緑色のリボンを取り付け完成です。販売用の商品と同じように、1つ1つ丁寧にメダルを作って行きます。


その後、都内の児童福祉施設へ直接お届けに上がります。
現在、メダルのお届け先の追加募集をしております。世田谷区のボランティア協会でも受け入れ先を探してくれています。(「金メダルの輪」を広げてください!)
手をあげていただいた皆様とは、順番にお会いし、少しずつお話を進めています。中には、今年はオリンピックイヤーと言うこともあり、「マラソン大会を始めよう」「球技大会でメダルを配りたい」など、新たな取り組みにチャレンジしてくださる施設もあります。
寄付する側、貰う側の輪がお互いに近づいてつながってきました。

次回は、メダルのお届けの様子と、その後の使われ方についてお話をしたいと思います。

ご寄付いただいた皆様、そして関心をお持ちいただいている皆様、本当にありがとうございます。


Follow me!